製品情報

Particleworks

ファンクションベイ(株)は、RecurDynによる機構解析の適用分野を広げるため、プロメテック・ソフトウェア(株)が開発・販売する粒子法CAEソフトウェア「Particleworks」の販売取り扱いを開始しました。
機構+粒子法(流体)連成解析を伴うサービスの一貫として「Particleworks」をお客様へご提案します。

Particleworksとは

Particleworksは、格子生成が不要な新しい計算手法である粒子法の理論に基づく流体解析ソフトウェアです。
東京大学大学院工学系研究科 越塚誠一教授が考案した粒子法(MPS法: Moving Particle Simulation Method)を採用し、水や油などの液体の流れを粒子の動きで表現します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ギア潤滑油かき上げ解析

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

ピストンオイルジェット解析

Key Technology
流体現象を扱う従来の格子法では、解析領域全体を格子で区切り、格子上に物性値や物理量を格納し、 自由表面は、格子上の計算値から取りだします。 粒子法では、解析領域内の解析対象を、計算点(=粒子)のまとまりに変換し、それぞれの粒子に物性値と物理量を持たせます。 自由表面は、粒子それぞれの位置を追跡するため、飛沫の発生や水塊への再結合などの現象を直接シミュレートできます。
Key Technology図
Feature
メッシュ生成が不要煩雑なメッシュ生成が不要で、複雑な挙動を伴う機構であってもCADデータからダイレクトに流体シミュレーションを実行することができます。
飛沫などの自由表面流れの解析が可能液面が激しく変化する場合においても、容易に計算が可能です。流体が粒子に置き換えられているため、液体の合体や分裂が生じる場合でも特別な処理は不要です。
移動境界問題も容易に解析が可能 メッシュを使用したシミュレーション手法では非常に手間がかかった移動境界問題を解析する場合にも大いに威力を発揮します。
並列計算環境に積極的に対応 大規模解析や計算時間の短縮時に必要となる並列化に関して、マルチGPUを活用したシミュレーションにも対応、NVIDIA社のCUDAを活用した公式アプリケーションとしても認定されています。

解析事例

Particleworks(粒子法)の利点を活かした事例をご紹介します。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


自動車走行時の水跳ね解析
注)CGレンダリング表示

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


高粘性流体の混錬撹拌解析
注)CGレンダリング表示

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


タンク内液体スロッシング解析
注)CGレンダリング表示含む

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


遊星攪拌子高粘度流体攪拌解析

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


地下鉄浸水解析
注)CGレンダリング表示含む

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


切削くず洗い流し解析
注)CGレンダリング表示

Particleworks開発元

プロメテック・ソフトウェア株式会社について  http://www.prometech.co.jp

プロメテック・ソフトウェア社は、東京大学生産技術研究所出身の藤澤智光博士と、同大学大学院工学系研究科の越塚誠一教授が2004年10月に設立した東京大学発のベンチャー企業で、独自開発した粒子法CAEソフトウェア「Particleworks」は従来困難だった流体解析を実現する日本発の革新的ソフトウェアとして世界の注目を集めており、2009年のリリース以降、自動車産業から化学・電機・食品・日用品・医療分野に至るまで、幅広い分野の企業への導入が進んでいます。