タイトル 紙搬送におけるローラ制御
使用ツール Professional | MTT2D | CoLink | ZIPC
解析内容 ローラを外部ソフトで制御しながらシートを搬送するRecurDyn−ZIPC連携の事例。
ガイドの各所にセンサーを配置しシートを感知すると、次のローラを回転させたり前のローラを停止させる。 また、反転時にはローラを逆回転させたり、逆流防止板を作動させている。 ローラや防止板の制御はZIPCで行い、RecurDynはセンサー信号を渡す。
この事例のように、設計の上流段階で仮想環境でテストを行うことによって、下流段階での手戻りやトラブルを未然に防ぐことができる。

サブウィンドウを閉じる