MODULE

ソフトウエア構成

外部ソフトウエアインターフェース

Application Interface

Control

制御系ソフトインターフェース

RecurDynと制御系ソフトMATLAB/Simulinkを連携させるインターフェースツールです。RecurDyn/Controlを用いれば、RecurDynで機構モデルを作成し、MATLAB/
imulinkで制御系をモデル化して、両ソフトを連携させることができます。
また、FMI(Functional Mockup Interface)2.0のCoSim(Master, Slave)に対応していますので、 SimulationXなどFMIをサポートする複数のソフト間での連携も可能です。

MATLAB/Simulink

SimulationX *FMI連携可能

Tire

走行タイヤモデルインターフェース

RecurDyn/Tireは、タイヤの形状モデルをTireGroupとして簡単に作成し、Fiala(付属)、UA(付属)、F-Tire(別売)やユーザーオリジナルのタイヤ専用サブルーチンを連携させるインターフェースです。
また、外部のタイヤモジュールで計算したフォースを使用することが可能です。

Tire for TNO

TNOタイヤインターフェース

RecurDyn/Tire for TNOは、RecurDyn/Tire機能にMF-Tireサブルーチンを付属し、MF-Swift(別売)サブルーチンを連携させるインターフェースです。

SPI Pw+Gw

粒子法ソフト インターフェース

RecurDynとMPS法(非圧縮粘性流体)を用いた粒子法CAEソフトウェアParticleworks、 DEM法(粉体)を用いた粉体解析ソフトウェアGranuleworksを連携させるインターフェースツールです。
弾性体(F-Flex,R-Flex)との連成解析に対応し、流体や粉体の荷重によるボディの変形を考慮した解析も可能です。

Particleworks

Granuleworks

SPI EDEM

粒子法ソフト インターフェース

RecurDynとDEM法(粉体)を用いた粉体解析ソフトウェアEDEMを連携させるインターフェースツールです。
弾性体(F-Flex,R-Flex)との連成解析に対応し、流体や粉体の荷重によるボディの変形を考慮した解析も可能です。

EDEM

eTemplate Enterprise

eTemplaeモデルインポート

eTemplate Enterpriseは、eTemplate(Excelを利用したテンプレートモデリング機能)により作成されたモデルをRecurDynへインポートするインターフェースです。

STEP/ACIS/IGES/CATIARead/CATIAWrite

3D CADデータ インターフェース

RecurDynに各種3D-CADで作成したモデルをインポートしたり、RecurDynからモデルをエクスポートするインターフェースです。