TRAINING

技術トレーニング

RecurDyn技術トレーニング

現在予定されている技術トレーニングは以下のとおりです。お申し込みの前に弊社セミナー/トレーニング規定をご一読ください。
また受講対象者を確認のうえお申込みください。

【新型コロナウィルス感染症対策】について

コース名

Basicコース 操作編(オンライン)

開催日程

【東京】 
12月15日(水) [受付終了]
1月13日(木)
2月16日(水)

開催時間

10:00~17:00

内容

機構解析でできることを理解し、解析の基本操作の流れ
(モデル作成→解析実行→結果確認)を実習を通して習得します。
1. 概要  2. GUI  3. ボディ  4. ジョイント
5. フォース  6. 接触  7. 数式  8. 解析
9. ポスト処理(アニメーション)  10. ポスト処理(プロッター)

対象者

今後RecurDynの使用を予定されている方

費用

1名につき40,000円(税抜)

会場

Web会議システムを利用しますので、お客様側でトレーニング環境の設定を事前にお願いいたします。トレーニングに必要な資料、データは、お申し込み後に送付いたします。
東京本社トレーニングルームからのライブ開催なので、リアルタイムに質問することができます。

コース名

Basicコース パラメーター編(オンライン)

開催日程

【東京】 
12月16日(木) [受付終了]
1月14日(金)
2月17日(木)

開催時間

10:00~17:00

内容

フォースや接触などの各種要素を理解し、パラメーター変更による解析結果への影響を推測できることを目標に、実習を通して習得します。
1. ボディのプロパティとパラメーター 2. ジョイントのプロパティとパラメーター
3. フォースのプロパティとパラメーター 4. 接触のプロパティとパラメーター
5. 解析設定ダイアログとダイナミック解析実行ダイアログのパラメーター
6. 数式  7. プロッター

注) 本コースはパラメーターの説明に重点を置く内容であるため、基本的な操作についての説明は行いません。RecurDynの操作経験の無い方や操作に不慣れな方は先にBasicコース操作編を御受講ください。

対象者

Basicコース操作編を受講済みの方(または旧Basicトレーニングを受講済みの方)

費用

1名につき40,000円(税抜)

会場

Web会議システムを利用しますので、お客様側でトレーニング環境の設定を事前にお願いいたします。トレーニングに必要な資料、データは、お申し込み後に送付いたします。
東京本社トレーニングルームからのライブ開催なので、リアルタイムに質問することができます。

コース名

Advancedコース モデリング編(オンライン)

開催日程

【東京】 
12月24日(金)
2月25日(金)

開催時間

10:00~17:00

内容

計算時間短縮・解析精度向上のための方策(各種要素や計算方法の選び方など)を考案できることを目標に、実習を通して習得します。

1. 要素の選び方
 ・ジョイントとフォース ・フォースと接触 ・2D接触と3D接触 ・汎用接触と単純形状接触
2. 入力方法  
 ・強制運動からフォース、トルクにする場合 ・途中でモーションをなくす方法(フリーにする)
 ・自由な入力、実験値 ・自由な入力、動き
3. 多様な計算方法(再スタート、連続解析など)
4. ポスト処理(四則演算、参照座標系の変更)

注) 本コースはRecurDynの応用的な使用方法に重点を置く内容であるため、基本的な操作やパラメーターについての説明は行いません。RecurDynの操作経験の無い方や操作に不慣れな方は先にBasicコース操作編とパラメーター編を御受講ください。

対象者

Basicコース操作編を受講済みの方(または旧Basicトレーニングを受講済みの方)

費用

1名につき40,000円(税抜)

会場

Web会議システムを利用しますので、お客様側でトレーニング環境の設定を事前にお願いいたします。トレーニングに必要な資料、データは、お申し込み後に送付いたします。
東京本社トレーニングルームからのライブ開催なので、リアルタイムに質問することができます。

コース名

MFBDコース F-Flex(オンライン)

開催日程

【東京】 
12月17日(金) [受付終了]
1月20日(木)
2月18日(金)

開催時間

10:00~17:00

内容

F-Flex:大変形・接触問題を考慮した非線形弾性体機構解析(直接法)
F-Flexモデルの作成→解析実行→結果確認を実習を通して習得します。
1. MFBD概要  ・RecurDynの弾性体機構解析(機構+構造連成)機能の概要
2. Mesher    ・メッシュ生成
3. G-Manager  ・剛体と弾性体の入れ替え機能
4. F-Flex      ・弾性体機構解析(F-Flex)モデルの作成と解析条件設定
5. ポスト処理   ・応力コンター表示など結果確認

注) 本コースはRecurDynの応用的な使用方法に重点を置く内容であるため、基本的な操作やパラメーターについての説明は行いません。RecurDynの操作経験の無い方や操作に不慣れな方は先にBasicコース操作編とパラメーター編を御受講ください。

対象者

RecurDyn Basicコース 操作編とパラメーター編を受講済みの方
(または旧Basicトレーニングを受講済みの方)で、
材料力学の基礎知識をお持ちのユーザー

費用

1名につき40,000円(税抜)

会場

Web会議システムを利用しますので、お客様側でトレーニング環境の設定を事前にお願いいたします。トレーニングに必要な資料、データは、お申し込み後に送付いたします。
東京本社トレーニングルームからのライブ開催なので、リアルタイムに質問することができます。

コース名

MFBDコース R-Flex(オンライン)

開催日程

【東京】 
1月21日(金)

開催時間

10:00~17:00

内容

R-Flex: 線形弾性効果を利用した弾性体機構解析(モード合成法)
R-Flexモデルの作成→解析実行→結果確認を実習を通して習得します。
1. MFBD概要   ・RecurDynの弾性体機構解析(機構+構造連成)機能の概要
2. RFlexGen   ・RFIファイルの生成(固有値解析:変形モード算出)
3. G-Manager  ・剛体と弾性体の入れ替え機能
4. R-Flex      ・弾性体機構解析(R-Flex)モデルの作成と解析条件設定
5. 解析設定   ・結合ボディオプションやリクエストの設定
6. ポスト処理   ・応力コンター表示など結果確認

Durability:疲労強度解析 ・概要と操作方法
Acoustics:音響解析   ・概要と操作方法
Linear:システムの固有値解析 ・概要と操作方法

対象者

RecurDyn Basicコース 操作編とパラメーター編を受講済みの方
(または旧Basicトレーニングを受講済みの方)で、
材料力学の基礎知識をお持ちのユーザー

費用

1名につき40,000円(税抜)

会場

Web会議システムを利用しますので、お客様側でトレーニング環境の設定を事前にお願いいたします。トレーニングに必要な資料、データは、お申し込み後に送付いたします。
東京本社トレーニングルームからのライブ開催なので、リアルタイムに質問することができます。

新型コロナウィルス感染症対策

弊社では、トレーニング・セミナー開催にあたり、以下の通り、新型コロナウィルス感染症の対策を取らせて頂いた上で、開催致しますことご連絡申し上げます。受講者の方のご協力とご理解よろしくお願い申し上げます。

  • トレーニング・セミナーの受講定員を4名迄とし、講師および各受講者間を一定距離保つように致します。
  • 講師は、感染予防としてマスクを着用致します。
  • 受講者の方にはマスクを用意しますので、ご着用をお願い致します。
  • 会場入口に、手指消毒液設置致します。
  • 入場の際には手指の消毒をお願い致します。
  • 受講者の方で、発熱など当日の体調不良、または、ご自身が濃厚接触者の疑いがある場合、ご参加取り止めください。講師も同様に対応致します。
  • 開催前に、会場の除菌対策を徹底致します。
  • なお、今後の状況次第で、開催を中止とさせて頂く場合がございます。その際は、改めてご連絡申し上げます。

お問合せ先
ファンクションベイ株式会社 
技術セミナー担当者宛
TEL:03-3243-2031 E-MAIL:fbj_operation@functionbay.co.jp