PRODUCT

製品情報

最新バージョン情報

What’s new in V9R4

RecurDyn V9R4が、2020年11月にリリースされました。主な新機能をご紹介します。

RecurDyn

プリポスト

結果処理機能と使いやすさを向上したスタンドアローンのグラフ作成機能であるRecurDyn Postを新たにリリースしました。RecurDynのプロッターと比較して、大容量の結果データに対してグラフ描画やデータ処理を高速に行うことが可能です。

分割表示

スクリプト機能

【主な機能】

  • チャンク形式に変換(Convert to Chunk)
    プロットデータファイル(*.rplt)をチャンク形式(*.chnk)に変換し、ファイルサイズが大きい(結果出力点数や出力変数が多い)結果データにおけるカーブの描画を高速化
  • プレビューモード(Preview Mode)
    描画前にカーブを一時的に表示
  • スクリプト機能(Script Editor/Script Console)
    C#を使用したスクリプト機能。スクリプトを記述することで、カーブの描画、データの変換およびフィルター実行などの自動化が可能
  • プロパティウィンドウ(Property Window)
    グラフ表示プロパティを容易に設定変更
  • データ編集機能
    カーブのデータを編集し、データの変更をカーブに反映

F-Flex Thermal

(伝熱解析)

RecurDyn/F-Flexに伝熱解析の機能が追加され、F-Flexボディ内部の熱伝導と熱膨張を考慮した計算が可能になりました。節点温度、熱ひずみをコンター表示で確認することが可能です。
これにより、熱による部品変形の影響を考慮した機械システムの挙動の計算が可能になりました。
また、伝熱解析で得られた温度から温度荷重ファイル(*.rtl)を作成する機能も追加されました。

設定した熱流束によるボディ内の熱伝達を考慮

爆発温度によるピストンの伝熱解析

【伝熱解析機能】

  • 節点温度
  • 熱流束
  • 熱伝達
  • 発熱 

Multi Mesh

の自動メッシュ結合

V9R3で実装されたMulti Meshの機能ではメッシュ結合前にパッチセット等を埋込んでから節点結合する操作が必要でしたが、V9R4では1つのボディに含まれる複数形状に対するメッシュ生成時に、自動で埋込みとメッシュ結合が可能になりました。

RFlexGen

新ソルバー

RFlexGenの固有値解析ソルバーに計算速度、計算精度に優れるSunshineソルバーが追加されました。
特に節点数の多いメッシュデータにおいて、従来のDynamisソルバーよりも3~5倍速く計算することが可能です。

DynamisソルバーとSunshineソルバーの計算速度比較

初期応力を考慮したビーム要素

ビーム要素の作成(F-Flexボディのインポート、またはMesherによるメッシュ生成)の際に、ビーム要素の変形状態における初期応力を設定することが可能になりました。
従来のバージョンでは、ワイヤーハーネス等をセットした状態のモデル作成のために、直線で作成したビーム要素をセット位置まで移動させる予備解析が必要でした。しかし、V9R4では本機能を使用することにより、予備解析を行うことなく、セット状態のワイヤーハーネス等のモデルを作成することが可能になります。

変形状態のカーブからビーム要素を作成

予備解析することなく、セット状態のモデル作成が可能

弾性体ウェブギア

ギアのウェブを弾性体ボディ(F-FlexボディまたはR-Flexボディ)で作成する機能が追加され、ギアのウェブ変形を考慮することが可能になりました。
本機能で作成したギア形状に対してはインボリュート接触を定義することが可能です。
これにより、ギア接触に起因する振動に対するウェブ変形の影響を考慮して、ギアによる動力伝達しシステムを計算することが可能です。

また、インボリュート接触の歯の弾性変形(曲げ、倒れ)考慮の精度が向上し、はすば歯車のように歯にせん断力が加わる条件での接触力計算精度が向上しました。

弾性体ウェブギア コンター表示

回転数スイープのキャンベル線図(ウェブの変形による側帯波)

その他の新機能

Professional

フォースベクトルの数値表示
垂直力/摩擦力/軸方向成分フォースベクトル表示
点・面拘束
計算エラー発生直前の結果出力機能

MTT2D/3D

シート/ガイド間、シート/ローラー間、固定ローラー/可動ローラー間の接触力フォースベクトル

MTT3D、Belt

2D直交異方性材料(Elastic/Orthotropic2D)の面外せん断係数の対応
2D異方性材料(Elastic/Anisotropic2D)の対応

Belt

ベルト/ローラー間、ベルト/フランジ間の接触力フォースベクトル
タイミングベルトのタイミングプーリー位相自動調整

Chain

サイレントチェーンのスプロケット位相自動調整

Professionalフォースベクトルの数値表示

垂直力表示

摩擦力表示

Professional
垂直力/摩擦力/軸方向成分のフォースベクトル表示

Professional点・面拘束

Professional
シート/ガイド間、シート/ローラー間、固定ローラー/
可動ローラー間の接触力フォースベクトル

Belt
ベルト/ローラー間、ベルト/
フランジ間の接触力フォースベクトル

新機能と改良項目の詳細は、
技術サポート専用サイト、
または、
リリースノートにてご確認ください。

技術サポートページへ

※閲覧には、ユーザーIDとパスワードが必要です